100以上の店を高田馬場~早稲田~江戸川橋エリアで食べ歩いた食い道楽のランチ・居酒屋・ラーメン中心の放浪記ブログ

  • Twitterアカウント
  • Facebookページ
検索キーワード

キーワードと複数の条件を組み合わせて検索できます

エリアで絞り込む
ジャンルで絞り込む
料理で絞り込む
条件で絞り込む

名前に偽り無し!濃厚海老つけ麺『紅蓮』

  • 最終更新日:2013/10/31
  • おいしさ満足度:
  • コストパフォーマンス:
  • 場所:西早稲田〜早稲田エリア 
濃厚海老つけ麺

紅蓮 (ぐれん)のレビュー・評判

『紅蓮』は、早稲田大学 大隈講堂近くの早大通り沿いにあります。
ここは福生の名店『らーめん 雫』の店主だった方がやっている店です。
以前ここを訪れた時は、ラーメン官僚とラーメン女子大生が取材に来ていたこともありました。

レギュラーメニューは、「濃厚海老つけ麺」と「香味油そば」の2つ。
不定期で限定麺が登場します。

つけ麺の中盛りと油そばの大盛り、ライスは無料ですが、食べ残し禁止です。
つけ麺の大盛りと油そばのWは100円増。

濃厚海老つけ麺の感想

濃厚海老つけ麺看板メニューの「濃厚海老つけ麺」は、海老の香りたっぷりの濃厚なスープのつけ麺。
海老好きにはたまりません。
高田馬場『二代目海老そば けいすけ』よりももっと濃厚な海老の旨味ですが、甲骨類が苦手な方はやめておいた方がいいと思います。

モチモチの中太麺もスープによくからんでおいしいです。
スープ割りにして最後まで飲み干してしまいます。
つけ麺はスープ割りはもちろんのこと、サービスライスを注文しておじやにしてもおいしいです。

香味油そばの感想

香味油そば一般的には酢とラー油をかけて油そばを食べることが多いですが、『紅蓮』の油そばは酢浸けの玉ねぎを酢の代わりにして食べるタイプです。
辛みが欲しい時は、ラー油ではなく卓上の唐辛子で調節します。

名前の通り香り豊かなタレは、どこか和風な味付けを感じるあっさり目の味付けです。
ギトギトの油そばが苦手な人でもおいしく食べられそうな油そばではないかと思います。
少し味がマンネリしてきた頃に唐辛子を少しふりかけると、味にアクセントがついて最後まで飽きずに食べられます。

お店の様子

店内はコの字型のカウンター席のみ。
ランチの混雑時は、奥から順番につめて座るように案内されます。
カウンター席の後ろにはウェイティングスペースのベンチもあるので、待ち時間もそれほど苦にはなりません。

店内もきれいなので女性でも入りやすいお店です。

『紅蓮 (ぐれん)』の店舗情報

店名紅蓮 (ぐれん)
住所東京都新宿区早稲田鶴巻町517
電話番号非公開
営業時間 11:00~15:00
17:00~売り切れまで(23:30)
定休日日曜日・第一月曜日
最寄駅
Warning: implode() [function.implode]: Invalid arguments passed in /home/objectiboo/babawasemap.com/public_html/wp-content/themes/babawaseTwoB/loop-store.php on line 135
最寄のバス停留所
Warning: implode() [function.implode]: Invalid arguments passed in /home/objectiboo/babawasemap.com/public_html/wp-content/themes/babawaseTwoB/loop-store.php on line 139

都バスのサイトで路線図を見る